新しい酒米と新しい試み。新酒の季節の金水晶「直汲み」4連作

本日報道発表した関係で、いろいろとお問合せも頂いております。
興味を持って頂いた皆様、誠にありがとうございます。

3月より発売となった金水晶「直汲み」(純米吟醸・純米大吟醸)シリーズは四連作。
それぞれに異なった酒米を使用し、しぼったら直ぐに詰めて蔵元から直送の限定酒。
純米吟醸の良さを米の違いで楽しむ新シリーズです。

使用した酒米は福島市産「五百万石」、福島市産「夢の香」、福島県産「華吹雪」に加えて
岡山県産「雄山」。華吹雪と雄山は今年より杜氏を務める菅野和也はじめての仕込みとなります。

酒米選びのエピソードと仕込みの様子は「酒蔵放送局」動画で配信済ですが
あらためてもう一度貼り付けておきます。

+++

去年の酒米購入時のこと。
今年から杜氏になった菅野和也に「どんな米を使ってみたい?」と聞いたところ
「雄町」とのこと。
新しい杜氏の新しいチャレンジ。
…ということで、今年、金水晶酒造店は酒蔵始まって以来、初めて酒造好適米「雄町」を仕込みます。
米を掘るのは、ウェイトリフティング部出身の新人、伊藤泰喜。
蒸しあがりは上々。
厳寒の中、まだまだ仕込は続きます。
+++

俗に味は米で決まり、香りは酵母できまる、ともいわれます。
(ちょっとおおざっぱですが。)

今回の「直汲み」シリーズでは、
米と酒の個性にあわせて、春らしい「日本の色」をイメージした4色を採用しました。

全国新酒鑑評会5年連続一位の福島県。
道はまだまだ遠いけれども、震災から復興に向けた着実な一歩を歩んでいます。
これまで、ラベルリニューアル以来、白、黒、茶といった控えめな色使いでおりましたが、
福島に元気と美しさをとりもどす願いを込めてのカラーラベルです。

「直汲み」五百万石(3月1日発売)
福島市産「五百万石」を使い、米発酵の生命力あふれる豊かな味わいに仕上げました。
ラベルカラー:唐紅花(からくれない)生命力あふれる色

「直汲み」夢の香(3月1日発売)
福島市産「夢の香」を使い、深みのある上品な味わいに仕上げました。
ラベルカラー:紺色(こんいろ)夢が広がる夜の色

「直汲み」華吹雪(4月1日発売予定)
福島県産「華吹雪」を使い、果物の花が咲く故郷のような柔らかな味わいに仕上げました。
ラベルカラー:桃花色(ももいろ)故郷の花々と果実の色

「直汲み」雄町(5月1日発売予定)
岡山県産「雄町」の純米大吟醸。豊かな自然に感謝する芳醇な味わいに仕上げました。
ラベルカラー:若苗色(わかなえいろ)稲の苗の息吹の色

※すべて数量限定販売となります。
※オンラインショップではすでに「直汲み」夢の香 1800mlサイズが完売となっております。ご了承ください。


★現在特別企画実施中です。

「直汲み」四連作コンプリートセット
3月~5月までの三か月間で全作(720ml)お届けします。初回分(2本)送料無料

【特別企画送料無料】金水晶純米飲み比べセット(720ml×6種)
「直汲み」発売記念 金水晶の「純米」の酒を飲み比べ。今なら6本セットで送料無料です。

SNSでもご購読できます。