5/14(火)、福島市松川町で「福島大学 おかわり農園×食農学類×サマンサタバサ」協働で企画された
福島のお米でつくった日本酒を若い世代へ伝えるためのプロジェクトのスタートとして、酒米の田植えが行われました。
金水晶酒造店では、「福島大学の純米吟醸」シリーズに引き続き、醸造を担わせていただきます。
若い皆さんからの新しい発信に期待しています。

+++

一方で、当日の模様を福島民友様の紙面にてご紹介いただきましたが、
記事上で、「福島大学に新規に開学した食農学類1年生有志を含む学生のみなさまと、
サマンサタバサ社様が来春の日本酒発売を目指し、5/14合同で田植え、試飲した」といった内容がございました。

金水晶酒造店に移動し試飲したのは、「おかわり農園」として活躍中の3年生以上の
経済経営学類の学生のみなさまとサマンサタバサ社様の社員の方々のみで、
いずれも20歳を越えています。

誤解を招く表現がありましたので、現在福島民友新聞社さまに訂正記事の掲載を申し入れております。

皆さまにおかれましてはご心配をお掛けし誠に申し訳ありません。
金水晶酒造店としては今後も未成年飲酒の防止に努め、大人の文化としての日本酒の発展に寄与していく所存です。

今後とも金水晶酒造店をどうぞよろしくお願い申し上げます